セロー250にZETA ドライブカバー ZE80-9606を取り付けしたよ

ドライブカバー

スポンサーリンク

最近のYahoo!ショッピングのポイントは素晴らしい!

そんなこんなでここ最近はYahoo!お世話になっていました。

んで、ポイントが溜まっているので現金では少し手が出しにくいけどポイントなら買おう!って部品を購入。

早速届いたで取り付けてみたので取り付け手順と取り付け後の感想を書こうと思う!

購入したのはZETAのドライブカバー♪

ZETA ドライブカバー ZE80-9606の取り付け

ドライブカバー

ZETAのドライブカバー。

セロー250とトリッカーに適合と思われる。XT250Xも付けれるね!

個人的にはこういう部品ってどうもあんまり興味がなくて買うことがなかったんだけど、スプロケのカバーの中がルブで汚れるし、ドロドロの場所を走ると微妙にカバーの中に泥がたまったりしていたのでポイントで購入してみた。

取り付けは簡単だけど、本当に何もやったことない人だったらこういう部品も取り付けが難しく感じるもの。

説明書も付属していなかったので取り付け手順をブログにすることにしました^^

最初に付属部品を確認。ドライブカバーとボルトが二本。これがすべてです。

セロー250と手

付属品が全てあることを確認したら純正のドライブカバーを外していきます。

ボルトは3か所。指さしている場所です。

8mmで止まっています。

セロー250と手

二か所はこちら。

セロー250と手

三か所目は少し分かりにくいですがシフトの付け根の横にあります。

全て同じサイズの8mmで外したボルトの長さも一緒。

セロー250のドライブカバー

三か所を外すと少し下側を斜めにしながら外しと外れます。

セロー250の純正ドライブカバー

シフトパターンの下にmade in Japan。まさかこのカバーのことを言っているのか!?

取り付けていきます。

セロー250のフロントスプロケット

純正のドライブカバーを外した姿。

純正のドライブカバーを止めていたボルトを穴を使うと思いきや、一か所違う場所を使います。

セロー250

ZETAのドライブカバーのこの向きで付きます。

セロー250

下の取り付け部分は、最初に外した純正のドライブカバーの取り付け穴を使います。

セロー250

上の部分はこのボルトを外して付属のボルトで取り付ける。

外しても何か漏れてきたりしないので遠慮なく外してください。

ドライブカバーと手

付属のボルトは2本。二本とも長さが違います。

ドライブカバー

ドライブカバーの上側が長いボルト、下が短いボルト。

セロー250のドライブカバー

取り付け完了。

取り付けは簡単ですが、ボルト穴はアルミでなめやすい、ボルトも細いので折れやすいのでそこのところを頭の隅にで良いので置いて作業してください♪

全体が覆われた純正フロントカバーからこのZETAのドライブカバーにすると最初はスプロケの回る音が大きく感じますが、少し走れば音に慣れます^^

スポンサーリンク









ABOUTこの記事をかいた人

アバター

無職なったばかりのバイク好きブロガー。 自分らしく生きていくが目標! バイクで遊ぶを色々な形で発信していけたらと思っています。