ヘリノックスにソックリなWolfyokの格安アウトドアチェアのレビュー

アウトドアチェアー

スポンサーリンク

キャンプをしてみようと思ってキャンプ用品を色々調べてみるとどれも高かい。って経験みんなありませんか^^?

僕もアウトドアメーカーの物って高いなぁって思いながらいつも見ていますが、実際アウトドアメーカーの高いものは値段通りの良いものが多いんです。

特にキャンプを今から始めようって人にとっては予算は出来るだけ抑えたいもの。僕は最近、久しぶりのキャンプを再開したんですが元々は車でのキャンプがメインだったです。

これからはバイクでのキャンプを主にやっていこうと考えていて色々とキャンプ道具も買い直したりしてるんですが今回は安くて良さそうな物を探して色々買っています(笑)

今回購入したWolfyokというアウトドアチェアを購入。

ただし、今回は体重の重たい人は残念ながらオススメできません。

Wolfyokのアウトドアチェア

Wolfyokというメーカーなんだと思いますが、ここ最近よく見る等になってきました。値段も安く、魅力的な商品を出しているので今回購入。この手の中華っぽい商品は作っているところは一緒でロゴだけ変えているイメージ。知り合いにこのアウトドアチェアをすでに使っている人がいたのも購入した理由の一つ。

ちなみに最初に言っておきますが耐荷重150kgと書かれていますが、絶対にそこまでの体重がある人は安全には使えません。

正直70kgくらいの人までが安全に使える耐荷重だと思います。理由は最後に。

※2017年5月5日確認:Amazonの販売ページで耐荷重が120kgに変更されていました。150kgから120kgへの変更ってすごいですね。

アウトドアチェアー

収納時の大きさはiPhone5Sと比較してください。スケールがなかったので。

アウトドアチェアの付属品

中身は見てのとおりHelinox(ヘリノックス)のチェアワンを真似して作ってあるWolfyokアウトドアチェア。ヘリノックスのチェアワンにそっくりな商品って沢山売っていますが、もしその中で選ぶならフレームを差し込む部分に補強が入っている物を選ぶこと。

Wolfyokアウトドアチェアを選んだ理由はここの部分。この部分に補強が入っています。2年前くらいに買ったこの手のアウトドアチェアは、ここがまったく補強されていなくて座っていたら突然フレームが突き抜けて倒れて手のひらを擦りむきました。

そんな経験があるので安物のヘリノックスのコピー系には手を出していなかったのですが、もう一度購入してみました。

ちなみにAmazonなどでもまだ補強がされていない商品があるので買う場合は必ず確認してください。Wolfyokアウトドアチェアは販売ページでの商品説明でも、補強を入れたことを説明してあるのでこの商品にしました。

販売元は違っても物は多分一緒な気がするんで、もうすぐすべての商品が同じような補強が入る気はします(笑)

Wolfyokアウトドアチェアを組み立てる

アウトドアチェアの骨組み

フレームの組み立ては簡単です。フレームの中にショックコードが入っているため、自然と入る場所にしか入らないので誰でも組むことができます。

アウトドアチェアー組み立て後

フレームの四方にアウトドアチェアの座面の生地をはめ込むと完成。最初は少しコツがいるかもしれませんが、すぐになれると思います。しっかり奥まで入れておかないと座った時に外れてしまいますので気を付けてください。

アウトドアチェアーの袋

収納バックはフレームに掛けておくと無くさなくて便利。小物入れにもなります。まさにヘリノックススタイル!!座り心地も悪くなくロースタイルなキャンプにはおすすめです♪

まとめ

 

ヘリノックスのチェアワンが耐荷重145kgと公表しているのに、この商品がその上を行く耐荷重150kgは到底無理なことではないでしょうか?最初に書いた体重が70kgまでの人にオススメしたい理由もあります。

大げさに言えば安全に使いたければ70kgまでの人かな?って思っています。これは70kgの体重の人たちが同じ製品を使っていてもなんだ不具合もなく使えているからです。値段もお手頃で、このスタイルのアウトドアチェアはゆったり出来るのでおすすめです。

体重次第ではとても使えるアウトドアチェアではあると思いますので、興味がある方は是非自分の体重と相談してください^^

中華製だと思うので商品に個体差もあることが多いのも忘れずに!

曲がりました(笑)

80キロ代の自分にはこのチェアは耐えきれなかったようです(笑)少し斜面に勾配がついていた場所で使用していたのも曲がった理由の一つですが、体重が重たい人はやはりちゃんとした物を買うべきだなと思いました。

発売当初は耐荷重が150kgと書かれていたのにその後120kgに書き変えられて現在は100kg。体重の軽い人向け商品だなと身をもって知りました。

スポンサーリンク