WINS X-ROADを購入。インナーバイザー付きで面白い

スポンサーリンク

シールドタイプのオフメットを購入

普段はSHOEIのVFX-Wをメインかぶっているんですが、ここ何ヵ月かツーリングや長距離用にシールドタイプのオフメットを探していました。最初はAraiやSHOEIがほしかったんですが値段が高い。

もちろん良い物だからこそ高いのは分かるんですが、予算的に厳しいので色々なメーカーを見ている時に以前から気になっているヘルメットを思い出して現物を見て被ったりしてみて購入することにしました^^

色々な機能が面白いと思ったWINS X-ROADを購入!

img_2184

箱はAraiやSHOEIとは違うデザインで今時っぽいデザインという感じでしょうか??マークの形は何モチーフにしてるんでしょう?

img_2185

ヘルメットの袋もWINSの文字があります。かっこいいデザインですね♪

ヘルメットの形をチェック!

img_2186

ブラックです。これはAmazonで色で値段が違ったのでブラックにしました。

VFX-Wがマッドブラックでなので結局ブラックばかりですw

img_2188

シールドのシールをはがしてみました。初めてのシールドタイプなんではじめは見た目に違和感がありましたがすぐに見慣れますね♪

img_2190

オフ系のヘルメットらしいデザイン。特に好き嫌いの分かれるデザインではないような感じですね。

img_2189

後ろから。X-ROADの文字があります。後ろにはダクトが二つありますね。ベンチレーション付き。フタは出来ませんがそれはVFX-Wも一緒なので個人的には問題ありません!!

img_2197

シールドの開封は丁度真ん中にあるとってをもって開封します。初めてこの場所を持って開けるヘルメットなので今でもなれません。

img_2194

このハガキを出すとシールドが曇らなくなるアンチフォグシートというのが無料でもらえるそのなので出してみます。

効果のほどは届いて実際に使ってみたら書きたいと思います。

※届きましたので貼り付けてみました↓

img_2198

口の部分もベンチレーション機能がついています。こちらはシャッターを締め切ることも出来ます。

他のオフ系のヘルメットにはない機能がついているWINS X-ROAD

img_2199

このWINS X-ROADで一番の特徴的な機能はこれ。

img_2200

明らかに不自然で浮いているこのスライドスイッチをスライドさせると・・・

img_2203

なんとインナーバイザーが出てきます!シルバーミラーで逆光時にサングラスのような効果になるそうなのでこれは使ってみようと思います。

しかし今までインナーバイザー付きのヘルメットなんて使ったことがなかったので見慣れない姿ですw機能としてはバイクを運転する際にとても使える機能だと思うので日差しがきつい時はどんどん使っていきますよ~♪

シールドをすぐに外せてゴーグル使用にもすることも可能

img_2204

バイザーの左右の留め具を外すとシールドが外すことができます。この留め具なんですが、ちゃんとマイナスドライバーをかけなければナメやすそうなので気を付けてください。

 

この部分はAraiやSHOEIと同じような素材で手で回すだけで簡単にバイザーを調整したり外したり出来たほうが良いなと思いました。

VFX-W辺りのが付くのか試してみます。

img_2205

結局10円で回しました。左右で1分もかからないくらいで外すことが出来ます♪これならゴーグルをつけようかなって気になれそうですね^^

img_2206

シールドを外すだけでかなりスッキリとしたシンプルなデザインです。このヘルメットを知らない人なら今の状態だとまさかシールドタイプのヘルメットだと分からないでしょう!!

img_2207

現在使っているゴーグルを取り付けてみました。違和感なくついています^^普通にかっこいいんじゃないでしょうか?

内装にもWINSならではの工夫がある

img_2211

分かりにくいですが、耳の部分がメッシュになっているのが分かるでしょうか?実はこのヘルメットはインカム用のイヤホンを取り付ける場所が最初からあるんです!

img_2212

メッシュの下にはマジックテープに最初からなっていてスピーカーを取り付けることが可能。なぜ最初からこのようになっているかというと。

自社からスピーカーを販売しているからだと思います^^よく見るとこの商品ナップスなどでよく見る商品でした。ちなみに内装の取り外しは可能で洗えます。ただし、取り外しや取り付けはSHOEIの方が断然簡単につけれるなと思いました。

img_2213

あご紐はワンタッチ式のスライダーバックルというのを採用しています。取り付け、取り外しは簡単で手間はまったくありません。個人的には使い慣れているDリング方式の方が好きです。絶対にあご紐は外れないって安心感もDリング方式の方かな?

アクションカムを取り付けてみた(12月27日追加)

アクションカムを取り付けてみました。ヘルメットの形的に台座をすごく貼りやすかったので顎の近くに貼ることができました。

マイクの配線は短く作り直しています。マイクも良い位置に取り付けることができました。

ゴーグルタイプと違ってシールドタイプのヘルメットなので風の音も入り込みずらく、ゴーグルタイプのヘルメットに比べてクリアな音声を録音することができていたのでモトブログ等にも最適なヘルメットかもしれません^^

WINS X-ROADの安全規格は?

AraiやSHOEIと違い安全規格がSGマークしかありません。SGマーク付きのヘルメットはホームセンターなんかで2000~3000円で売っている安いフルフェイスでもついている規格です。

逆に10000~20000円するヘルメットでもSGマークだけのヘルメットあるのでSGマークでもピンキリだと思います。

ですが、さすがに二輪用品店で2万以上するヘルメットなので、粗悪な作りだとは考えられませんのある基準以上の安全性はあると思います。

引用元 http://www.wins-japan.com/

実際にメーカーからもこのように記載されています。

レースでこのヘルメットで出るつもありはありませんし、街乗りとツーリングでの使用予定ですが思いっきり使っていこうと思っています♪

もしエンデューロレースに出ることがあれば購入して1年しかたってないVFX-Wもあるしね♪

まとめ

面白い機能とアイディア

WINS X-ROADはオフメットらしくないインナーバイザーがついていたり、スピーカーを取り付ける場所が最初からあったりと今まで使ったヘルメットにはない工夫がされています。

シールドを外せばゴーグルも付けれるしそういう機能は面白いと思います。値段を考えれば良い装備じゃないでしょうか?

自分のバイクの使い方(遊び方)次第ではとても良いヘルメットになるかもしれません^^

スポンサーリンク