タトゥーの痛さは?どんな痛さか考えてみた

スポンサーリンク

タトゥーを初めて入れる時、入れる際の痛みがどんなものか気になる人も多いんじゃないかな?

僕も初めて入れる時はどんな痛さなのか知りたくてネットで検索したものです(笑)

今回は自分のタトゥー入れている部分と、周りの友達のタトゥーの入れた場所の痛みについても聞いてきましたので書きたいと思います。

タトゥーの痛さは入れる場所で違う

タトゥー入れる際の痛みは、タトゥーを入れる場所で変わってきます。

場所だけではなく、人によって痛みの感じ方も違ってくるようで、僕があまり痛いと思わなかった場所がものすごく痛かった友達もいました。

逆に僕が背中に入れた時より痛かった足のくるぶし周辺のタトゥー。ほぼ同じ場所にワンポイントのタトゥー入れた知り合いはそこまで痛くなかったと言っていました。

ここまで人によって痛みに差があるとどこが痛いのか良くわからないなりますね(笑)

しかしながら、ほぼ全員が一致して痛みが少ない箇所があるのでそちらを参考に説明していきたいと思います。

比較的痛みが少ないという人が多かった場所

僕には背中と足の痛みしか経験してないので、僕の経験したいない部分にタトゥーがある人に痛みを思い出してもらってきました(笑)

共通してあまり痛くなかった場所が合ったので説明していきます。

腕から肩にかけて

前腕から上腕、それから方の部分は背中なんかに比べると痛みはひどく在りません。

特にタトゥーの定番位置である、上腕の肩の近くの部分は痛みは少ないようです。

逆に肘や手首などの脂肪や筋肉のつかない骨の部分は逆にかなり痛い部類になります。

同じ上腕なのに上腕の内側は痛いと言う人が多い。

脹脛(ふくらはぎ)から太股の部分

脹脛から太股は筋肉と脂肪が多いので比較的痛みは少なめの場所です。

以前バイクのイベントで知り合った人が脹脛のタトゥーを入れながら寝てしまったと言っていましたが、どんなに痛みが少ない場所でも寝れる人は稀です(笑)

もちろん、痛みが少ない場所とはいえ、スネやヒザの部分は肉が薄く、すぐに骨なのでほとんどの人がかなり痛いと感じると思います。足首も同じ理由で痛いです。

大まかな説明になりますが、以上が比較的痛みを痛みが少ないと言われている部分です。

みんなに聞いた痛い思った場所は?

背中の真ん中から腰に掛けてが痛いという人が多かったです。

個人的には背中の背骨の部分。あそこが骨が出っ張っているせいか結構痛かったのを覚えています。

他の方の経験談からだとわきの下周辺の柔らかい場所。神経の集まってる指。

僕の経験だとくるぶしより下の足部部分、指。首の下の背中の部分など。

背中からお尻、脹脛までの大きな絵を入れている友達はお尻の割れ目の部分が痛かったそう・・・。

デリケートな部分なので考えるだけで痛そうです。

タトゥー痛みってどんなの?自宅で経験出来そうな物を集める

さて、痛い場所と痛くない場所があるのは分かったと思います。

ここからはどんな痛みなのかを説明したいと思います。

切れ味のない錆びたカミソリを押し付けられているような感じといってもどんな感じかすら分かりませんよね。

なんで今回は自分のブログらしく、身近な物を押し付けて擦って見て少しでも痛みが近かった物を見つけてきました(笑)

※ 冗談話としてお楽しみください

とりあえず目についたものを集める

左から耳かき・物差し・ボールペン・鉛筆・シャーペンになります。

画像で見直してもなぜ耳かきも持ってきたんだろうかと思う。

カッターとか針とかは痛いの当り前だし、危ないので使いません。

お家で出来る、タトゥーの痛みっぽい体験をしてもらうために今回は自分の綺麗な右足を使っていこうと思います。

判断方法は強めに押し当てて擦るという方法で痛みを測定します。それでは開始。

エントリーナンバー1・耳かき

この耳かきは10年前ほどの友達の結構式でもらった耳かき。

新郎新婦の組み合わせで2本セットでも貰いました。もうこの二人は離婚しました。残念。

耳かきの方の痛みはほとんどありません。

やはり耳垢を取るもの。これでは痛みは経験出来ないようです。

エントリーナンバー2・物差し

耳かきの3倍はすでに痛いですね。

でもしっかり面が取れている物なので擦るとそこまでいたくありません。

こんな痛みなら誰でも耐えれるのでこれもダメ。

エントリーナンバー3・ボールペン

先が尖っているので期待できます。痛みに期待するなんて今後一生ないでしょう。

今回の企画のためです。僕はいたってノーマルな人間なのを忘れないでください。

痛みの方はまあまあですが、ボールペンと言うだけあって擦ると痛いことは痛いですが、少し優しすぎます。

エントリーナンバー4・ジャーペン

 

いきなり画像がボケでます。

シャーペンはボールペンと違い、強めに押し付けた状態ですでに痛いです。

擦るとなかなかの痛みです。

やはり角があるせいでしょうか?

タトゥーを入れる時の痛みが少し似ていることにが分かりました。

似ているという感想は個人的な感想ですが、シャーペンを使えば多少、タトゥーの痛みを経験出来るかもしれません(笑)

足が赤く擦りむいた感じになったからもう辞めます。

もし、体験してみたかったらシャーペンをおすすめします♪

最後に

今回はタトゥーは痛みの感じ方は、部位と人によって痛みがかなり違うという話をしました。

これは本当に人によって差があるので参考程度にしといてください。

痛みは少ない部位がめっちゃ痛かったってこともあります。

シャーペンで体験するタトゥーの痛みはネタ話としてお楽しみください。

擦りむいて痛かったなどの苦情は一切受けません!!

初めてのタトゥーを悩んでいる方はこちらの記事もお読みください

タトゥーで後悔しないために知っておいてほしいこと

スポンサーリンク