セロー250を林道初心者が選んだ理由

セロー250

スポンサーリンク

自分の選んだバイク

ブログを始めるので愛車の紹介をしようと思います。

バイクには色々なメーカーがあり、色々なタイプのバイクがあります。その中で僕の選んだバイクは?

僕の選んだバイクはヤマハから販売されているセロー250と言うバイク。

img_1662

セロー250はトレールバイクです。なぜトレールバイクを選んだかの前に色々とある中でなぜセロー250を選んだかを話したいかと思います。

オフ系のバイクがほしかった理由

父親が昔XLR250に乗っていてオフ系自体は昔から好きでした。

でも実際はネイキッド乗ったりSR400をめっちゃいじったりしてオフ系には乗る機会がありませんでした。

30代になり、ふと昔オフ系のバイクに乗りたかったことを思い出した。

それから毎日YouTubeを見てはオフ系バイクを調べる日々。

セロー250に乗り換えるまで乗っていたバイクはDトラッカーというカワサキの250ccのバイクでした。

DトラッカーはKLXと言う250ccのトレールバイクを元に、前後のホイールを17インチにしてロードタイヤを履いたモタードと言うジャンルのバイクです。

元のバイクがKLX250と言うトレールバイクなので、前後のホイールをKLX250にしてしまえばオフロードの走れるトレールバイクのなりますが、僕には乗りたかったバイクがあったのでそのバイクを買うつもり満々でした!

そのバイクはセロー250!!ではなく、同じヤマハのWR250Rとい言うバイクです。

最初に欲しかったのはWR250R

wr250r

引用元 ヤマハ公式サイトhttp://www.yamaha-motor.co.jp/mc/sportsbike/wr250r/

この形がかっこよくて憧れていました。青は特に好きな色ではなかったのですが、このWR250Rを見たときは絶対に青にしようと決めました。

街中で走ってるのを見て、やっぱりWR250Rしかないなと決めました。

そして、買いませんでした(笑)

なぜ僕がセローにした理由。

あんなに欲しかったのになんで買わなかったのか。色々とあるんですけど一番は値段。正確な差は覚えてないんだけど確か20万円くらい差があった気がする。

お金を借りなきゃ買えない状態だったので、予算的に買った後の支払いがしんどくなるなと思い諦めました。

他の車種を探すか中古で安いのを探すかなって家でPCで色々調べている時に一つの動画に出会いました。

その動画はYouTubeにアップされている、ヤマハの公式チャンネルの中のセロー250の動画です。どうぞ皆さんも見ていてください。


この動画を見るまで僕は、どうせ乗るなら高性能なバイクが良い!速い方が良い!!そんな風に思っていました。

でもこの動画を見てキャンプにいく姿がとてもゆったりとして自分のライフスタイルに合うんじゃないのか?そう思いました。

僕がセロー250に乗っている姿より、動画内のセロー250が3倍かっこよく見えるのは山下晃和さん効果でしょうか(笑)

それからセロー250のことを調べ始めて、セロー250の購入することになりました。カラーリングはその時30周年の記念モデルして販売されていたカラーです。

本当は緑を買うつもりだったけどせっかくの限定だしこっちこっちにしました。いつか緑の外装もほしいですね♪

初めてのトレールバイクは想像していた通りの乗り物

セロー250が納車されて初めて乗った感想は評判通りです。足つきの良さ(177センチ身長あるんで足つき良すぎ)リッター30~38キロは走る燃費。

シンプルな空冷単気筒のエンジンはメンテも楽ちん。プラグ交換もタンクを外さなくていい!

初めての林道でコケても軽くて起こしやすい車体。

タンデムバーやライト周りにあるバーがあるおかげで、起こすときに色々なところを持つことが出来るので初心者には本当嬉しい。

誰でも扱いやすいバイクだからこそ色々なところに「いこう!」って気になります。今までとか違うバイクの使い方、遊び方をしている毎日です。

img_1667

山に向かってる時にまったく水っ気のないとこでカメを見つけたり。

img_1663

トレールバイクだからこそ通れる道を冒険感覚で進んでいく楽しみ。日常にはないお手軽アドベンチャー気分。

img_1665

トレールバイクだからこそ行ける道を進めば、そこだけでしか見れない景色。本当にオフ系のバイクを買ってよかったと思うし、セロー250を買ったことは結果的にとても良かった^^

足つきの良いセローだから初めての林道も怖いって感情より、楽しいと思えたんだと思う。

もちろんこのブログは、オフ系以外のバイク乗りが見て楽しめるようなブログになれば良いなと思っています。

スポンサーリンク