吉田郡山城跡と毛利元就のお墓いってきた

スポンサーリンク

吉田郡山城跡へいってみる

以前、吉田郡山城跡と言う看板を見て以来、広島に住んでいるんだしいつかいってみたいなと思っていた。実際に調べてみると毛利元就のお墓まであるそうでこれは行っておこうと思い、本日行ってきました。

「信長の野望」でも毛利元就よく使ってたし吉田郡山城跡へゴー!

こんな近くに郡山城と毛利元就のお墓があるとは思わなかった。毛利元就で「信長の野望」をクリアした時に来るべきだった。

毛利元就のお墓へ

img_0545

某mapで案内された場所はここ。周りには吉田郡山城跡や毛利元就のお墓など一切書いているものがない。目の前にあるのは大量のソーラーパネルとこの山につながる山道。

とりあえずまだ先かもしれない思ってバイクで先に進むことに。そこにはお墓が沢山ありましたが普通の墓地だったので引き返すことに。ナビでは目的地まで1分と表示されているので、この道に入っていくことにしました。

img_0543

くるくるになっていたので何となく撮ってみた。綺麗にくるりんこしている。

途中で道がなくなりいきなり急になってきてあきらかにこの道は現在は使われてない道だと気づく。運動不足な自分は上るのに必死で途中の写真が撮れていない。こんな過酷な道をみんな上ってきて、お墓やお城の跡地を見ているのかと考えながら登っていったらあった。

しかもこっちからは入らないように的に木が積んであるのでよけて入ることに。

反対側から上っていた事実

img_0541

上ってきてすぐ気づいた、自分は反対側から上ってきていたことに・・・。調べていた情報と違っていると思ってはいたんだけどw

登っていくと最後にあるはずの毛利元就のお墓が一番最初にあることに気づきました。なので下のほうまでおりていくことに。後から気づいたことは入り口まで下ってなかったらしい。もう一度晴れの日に見に行くことに決めた

半端な位置から上り始めて

img_0533

今回はここからの撮影。毛利元就の墓。

img_0534

鳥居から始まりました。まっすぐ続いていて一番上が毛利元就のお墓です。この場所にいったら分かりますがお墓なのに神秘的な場所です。個人的には全体的に安らかさすら感じれました。

img_0535

お墓に鳥居、不思議な感じですね。

img_0531

鳥居の上には石が沢山ありました。

img_0532

こちらにも。載せられた石にはコケが沢山ついていて載せてからかなりの時間がたっているような感じです。

img_0527

ここにはあったらしい。

鳥居を超えてすぐ左側にありました。ここは跡地らしい。フリガナがなければ読めなかったでしょう!

img_0526

鳥居を後ろから取りました。周りの木もとても綺麗でした。

img_0519

最初のお墓です。元々は郡山城内の城下にあった物を移動させたみたい。

img_0520

お墓。看板の図面で言うと1・2・3です。

img_0522

4です。どれも立派なお墓です。

img_0517

最後の階段を上っていくとこれがありました。何度か読み直しましたが正確な意味を僕は分かりませんでした。たぶん僕だけです。また今度行くんでゆっくり読みます。

img_0518

百万一心。

毛利元就のお墓

img_0508

よかった・・・撮り忘れていると思ったらiPhoneの方にありました。最後に毛利元就のお墓です。

img_0511

これが毛利元就のお墓。一人のお墓では一番大きい。全体がうまく撮れなかったのが残念。次がある!!奥に見えるの二本の木。右側の白くなった気が毛利元就がなくなった時に植えた木なのかな?1571年からあるのかぁ。

今は枯れてしまっているけど横の木に支えてもらっていまでもあります。

img_0515

ここもコンクリート船と同じで時間が止まったような気持ちになる場所です。

img_0512

お墓を綺麗と言って良いのか分かりませんが自分はすごく好きな場所でした^^

歴史にそこまで詳しくはないですが、せっかく住んでいる地域を納めていた人なので今後色々調べてみようかなと思っています。丁度甥っ子が歴史にハマっているので教えてもらおうと思うw

写真はここまで。吉田郡山城跡は実は行っていません。いつかもう一度行きます。今度はちゃんと正面から入って郡山城跡もいきたいと思います!もし興味があるならおすすめの場所です!是非来てみてください。

綺麗な緑に囲まれている不思議な空間の中に鳥居があり、お墓がある、そんな神秘的な場所です。

毛利元就のお墓・吉田郡山城跡の詳細

Googleマップだと同じところに案内される

逆から上ってきてしまったので、説明が難しいのですが・・・。Googleのmapだとここにつきます。

安芸高田市歴史民俗博物館

↑たぶんこっちを目指していけばすべてを見れるんだと思われます。歩く距離は増える感じですが逆側からのお墓アタックはおすすめしません・・・。

スポンサーリンク