セロー250のライト交換&激安ヘッドライト用LEDバルブを試してみた+LEDバルブの明るさ比較

セロー250が2台

スポンサーリンク

以前から一度試して見たかったものがありました^^いつか試してみようと思いながらなかなか手を出せず・・・。

失敗してもいいくらい安い物も見つけたので早速購入!ということで交換&比較をしていきたい!

ヘッドライト用の格安バルブ!

格安LEDバルブ!

LEバルブと手

ハイロー切り替え式のH4のLEDバルブ。購入時の金額は999円。(価格は変動します)この値段ならすぐに切れようが暗すぎようが、諦めれる金額です(笑)

LEDバルブのパッケージの裏

パッケージの裏。中華製だと思われる(確実に)

LEDバルブと手

開けてみるとものすごい小さい。

LEDバルブと手

放熱フィンがライトを覆うようにあるだけでほとんどH4のハロゲンと同じような大きさ。この大きさなら付けれない車種はないんじゃないかな??

大体のLEDバルブは後ろにフィンが付いていたりで、ライトの裏側のスペースが必要です。逆にライト内のフィンだけで放熱できるのか心配。

ライトの中って風入ってこないし、素人から見るとライトの中で放熱し続けて効果あるのか??

LEDバルブと手

H4バルブの形状。そして何か青いテープみたいなのがついていました。

LEDバルブと手

なんか分かりませんが引きちぎりました(笑)このLEDバルブをセロー250に付けていきたいと思います。

セロー250のライト交換

セローとジムニー

セロー250のライト交換をしていきます。交換は比較的簡単なので、覚えておくと電球切れなどの時に自分で交換できます^^

セローとライト

指さしている部分を外していきます。ウィンカーの近くにあります。

セローと六角レンチ

六角レンチで外します。一気にすべて外してもらって問題なし!他の部分も止まっているのでライトが落ちてきたりすることはありません。

セロー250

左右のボルトを外したら、この部分を外に捲り上げるように外していきます。

セローのフェンダー

画像のように爪で止まっているので下から確認して気づ付けないように外してください。

セローのフェンダーの裏

左右とも外れたら後はこの黒い部分だけで泊まっているのでタイトを上に引き抜くように外していきます。

セローのライトが外れた

そうすると外れます。このやり方が正確なやり方なのかは分かりませんが、すぐに交換できるので僕はこのやり方です。

ハロゲンとカバー

外れたら黒いカバーとカプラーがあるのでカプラーから外していきます。固いと思うので手を怪我しないように!

ハロゲンとカバー

カプラーが外れたら今度は黒いカバーを外していきます。カバーはかぶせてあるだけなので引っ張れば取れます。

ハロゲンバルブ

カバーが取れるとハロゲンが見えてきます。ハロゲンの外し方は指の先の針金みたいなやつを外して取ります。指の部分を押して横にずらすと外すことが出来ます。

ハロゲンバルブ

こんな感じに外れるので後はバルブを引き抜くだけ。

ハロゲンバルブ

H4のハロゲンは車もバイクもほとんど同じ付き方です。一度覚えてしまえば簡単♪

LEDバルブ

ハロゲンを外したらLEDバルブに交換。

LEDバルブ

ハロゲン、LEDバルブを交換する場合はライトに組み付ける前に点灯チェックを忘れずに!全部組んだ後に点灯したら付かなかった!ってなったらまたバラすの面倒ですから。

HIDの場合は一度空焼もかねてやります。

ライトのカバーと手

バルブを入れて針金みたいなので押し付けたらカバーを付けます。カバーの向きが分からなくなったらTOPの文字を確認。この位置がライトの上に来るので間違えることはありません。

セローのライト

全てをもとに戻したら逆の手順で組んでいけば元通り。これでセロー250のライト交換終了です。

セローとジムニーと工具箱

最後に点灯チェックももう一度。

ライトの明るさを比較

夜のセロー

いきなりですがハロゲンの比較とした結果を最初に言います。多分、ハロゲンの方が明るいです(笑)もしくは同等くらい??

たしか明るさが800ルーメンくらいだったのでそこまで明るくないだろうってのは想像していました。でもハロゲンと少しくらい、もしくは同等レベルならドレスアップとしてなら使えるかな??

ハロゲンとの比較だけでは面白くないのでもう一台セロー250を用意しました。2号さんのセローにもLEDバルブが入っており、そっちのLEDバルブは6000円くらいする商品!

その商品を比べてみることにしました。

セロー

まずは自分のセロー250。999円で購入したハイロー切り替え式のLEDバルブ。光の拡散は綺麗に拡散していますが、ハロゲンとあまり明るさはかわりません。

そしてなぜか光の外周部分が黄色くなっています(笑)

セロー250

ハイビームにした状態。切り替わりの幅は大きく、ハイビームらしいハイビームになりました。黄ばんだ部分が下側に集中しました。

お次はセロー2号。

セロー250

ものすごい明るさ!!!!海外製のLEDバルブですが、ナップスで購入したものです。ナップスにおいてあるだけあって物は良いみたい。

色も安定しているし、明るさはハロゲンの1.5倍以上はありそう。手前から奥まで綺麗に照らされていて前に立っても眩しくありません。このLEDはオダックスのSSSという商品で売れている商品のようです。

セロー250

ハイビームにした状態。多少ライトがハイになる程度ですが、手前から奥に掛けて照らされているのですごく先が見えるし運転しやすそう。なにより明るさが全然違うので並べると悲しくなります・・・。

LEDバルブは値段でここまで差があるのだと思い知らされました。

まとめ

しっかりとした差が分かる結果でした(笑)同じセロー250同士のなのでより違いが分かった気がします。999円でもハロゲン程度の明るさはあるので、ドレスアップと割り切って使うならありなのかもしれません。

とはいえ、格安中華品ってのは品質にばらつきがあるイメージがあります。自分的にですが、安全に走るためには必要なライトに使うのは少しばかり抵抗がないこともありません。

走っていた時に切れたりするのは怖いですから^^それでも値段はすごく魅力的(笑)

ヘッドライト用のLEDバルブで極端に安いものを試してみたかったんで個人的には結果はともかく気分すっきり♪

本当はもう一台、Dトラッカー(KLX仕様)もLEDバルブなんで比較に呼ぼうかなと思ったんですけど・・・。

そのLEDバルブがデイトナから発売されているBELLOFとの共同開発のモデルのフォース・レイなので(定価2万円超えの高級品)比較するの後申し訳なくて比較に入れませんでした(笑)

比較してほしい!ってご要望があれば比較しましょう(笑)

スポンサーリンク