セロー250にブラッシュガードを取り付けてみた

セロー250 ブラッシュガード

スポンサーリンク

ヘルニアの調子と左肘の調子が悪いので最近はツーリングをメインに楽しんでいます。

本当は林道に行きたいけど、まだ少し痛みはあるけど走りに行ってコケてまた痛めてしばらく乗れないってのを繰り返しているので林道はお休み。

今回は防寒対策で付けていたハンドルカバーを取り外したので、セロー250に新しいハンドガードを付けていこうと思います。

関連記事→山城謹製シリーズ防寒ハンドルカバーを購入!初めてのハンドルカバー

 

ヤマハのブラッシュガードを購入

ヤマハから販売されているハンドガード。正式名称はブラッシュガードという名前の商品です。

以前はアチェルビスのクローズエンドタイプの物を使っていましたけど、今回はあえてヤマハのブラッシュガードです。

なんかセロー250の雰囲気に合いませんか??(笑)

いつかはサイクラのクローズタイプのハンドガードがほしいのが本音。

 

ブラッシュガードの取り付け

ブラッシュガードの説明書。

取り付けは簡単な部類に入ると思いますが、簡単にですが交換手順を画像付きで説明していきます。

 

アクセル側から交換します。画像のレバーのゴムのカバーを外していきます。

このゴムのカバーはブラッシュガードと同時に使えないようなので、取り外した後は使いません。

違うハンドガードを購入したり、ブラッシュガードを外すときにはまた使いますので、無くさないように保管してください。

 

カバーを外すとボルトがあります。

この部分にブラッシュガードを取り付けますので、ボルトを外してください。10mmのメガネだったかな?

 

取り外したボルトは使いませんので、外したカバーと一緒に無くさないように保管してください。

ブラッシュガードの付属品の中に入っているボルト・カラー・ナットを用意。

 

ブラッシュガードの右側を取り付けます。左右の向きはYAMAHAの文字が正面から見て上になる方です。

ブラッシュガードを取り付けたら付属されていたボルトを入れてください。

 

カラーは下から穴に入れて最後にナットを閉めたら右側は終わりです。

お次は左側(クラッチレバー側)の交換をしていきましょう!

 

左側を同じくこのゴムのカバーを外していきます。こちらも外すと使わないのでなくさないように保管を。

 

クラッチレバー側はアクセル側より少し取り付けの難易度が上がるかな??

とは言え、簡単な作業なので落ち着いてやれば誰でも交換できます^^

画像にあるクラッチレバーのホルダーをブラッシュガードに付属してきたやつに変えます。

車種によっては換えなくて良い車種もあるみたいですが、セロー250は交換が必要。

 

クラッチレバーを外す必要がありますので、クラッチレバーとクラッチワイヤーを外していきます。

指で隠れてしまっていて申し訳ないですがクラッチの調整するところにラインを合わせるとクラッチワイヤーを外せるようになるんで外します。

 

クラッチの調整するこのアジャスターも次のホルダーに付けるので外しましょう。

反時計回りに回せば外れます。

 

ホルダーは六角レンチで外せます。ミラーのついている部分にあります。

外すとミラーのついているホルダーも外せるんで落としてミラーを割らないように気を付けてください!

新しいホルダーを取り付けたら外した時の手順とは逆で取り付けていきます。

 

クラッチレバーのボルトはそのまんま再利用して付属のボルトを新しく変えたホルダーに合った穴に入れて締めこめば終わり。

最後にレバーの位置とクラッチの半クラの位置の調整を忘れずに。

クラッチ側は一度取り外しているので取り外す前の位置とは変わっています。

ZETAのピボットレバーとの同時取り付けは無理?

このブラッシュガードにZETAのピボットレバーは付けれない可能性があります。

オープンエンドのハンドガードで行くならピボットレバーいつか付けたかったんですが無理っぽいです。

友達がいつかピボットレバー買う予定なのでその時、試させてもらいたいと思います。

取り付けて200km走行

クローズエンドタイプと違い軽いのでハンドリングに影響はなさそう。

林道にはいっていませんが、他のハンドガードよりサイズが大きいので手に風があまり当たりません。

これは冬に多少の防寒効果があるかもしれません^^

まとめ

ヤマハのブラッシュガードの取り付けでしたが、比較的簡単な作業だと思います。

一番難しいのはクラッチレバーを交換したことない人にとってはレバーとワイヤーを取るのは最初は少し分からないかもしれません。

原理を出来たらすぐに取れるんで、力ずくでとったりしないように気を付けてください^^

ワイヤーがキズ付くと、ワイヤーの切れる原因になります。

スポンサーリンク