GAERNE(ガエルネ) のED-PRO(イーディープロ)!オフロードブーツで幅広を探しているならこれ!

スポンサーリンク

セロー250で林道に行き出してから数か月くらいでしょうか?オフロードブーツを購入しました。

バイクに慣れてくると色々な場所に行くようになり、そうなるとどうしても転倒する回数も増え、脛を打ったりコケてペグがジーンズを突き破って脛をエグって血まみれになったりと怪我が続きました。

これからもっと林道に走りにいこうと思っているんだしオフロードブーツを履くことで防げる怪我も沢山あると思い、購入しようと色々調べて購入。

そして1年が立ちました。

1年間で40回以上林道にいって使ったので購入した理由と使った感想をせっかくなので書きたいと思います。

最初に欲しかった憧れのアルパインスターズは幅が狭くて断念

画像引用元 http://www.dirtfreak.co.jp/moto/products/alpinestars/mx_gear/index.php

昔のことなんで記憶があいまいですが、10代前半だったかな??当時まだ少なかったシューフィッターの方のいる靴屋さんで、足のサイズを図って貰うと左右で足のサイズが長さも幅も違うことが発覚。

片方は5mmほど長くてもう片方は5mmほど幅が広い足でした。ちなみに幅や長さが違う人は3~4人に1人はいるそうです。

そんな理由もあり、幅人甲高の足である+左右の足の長さが違うので靴を買う際は試着が絶対必要なのでオフロードブーツも試着にいきました。

以前から買うならAlpinestars(アルパインスターズ)が良いなと思っていたんです^^

TECH7がほしかったけど高いのでTECH3当たりにしようと思っていざ試着。残念ながら足を入れた瞬間、速攻で自分の足には合わないというのが分かりました。

子供の頃から幅広甲高で靴のサイズには苦労していて、右足は大丈夫なのに左足はキツイ、痛いと言ったことを経験していたんで予想はしていましたが・・・。

アルパインスターズは細身なブーツなようですね。脹脛の部分も細身の人向けなような気がします。

色々履いてみて一番しっくりきたブーツを購入することにしました。

購入したブーツはGAERNE(ガエルネ)のED-PRO.art405

ED-PRO(イーディープロ)はガエルネから販売されているエンデューロ向けのブーツとして販売されているブーツです。

このガエルネのED-PRO(イーディープロ)を選んだ理由は自分の足に合う形だったのが一番の理由です。

このED-PRO(イーディープロ)は日本人専用木型使用で日本人の足に合わせて作ってあるらしく、試着したブーツの中で一番幅が広かったのでこのブーツに決めました。

足の甲も高めに作ってあるようで圧迫感はありません。脹脛の部分も他のブーツに比べたら大きく作ってある印象です。

幅の大きいほうの足は少し幅がきついですが、ほかのブーツに比べたら全然楽!!

ガエルネのほかのブーツも履いてみたんですが、日本人専用木型使用と書かれているブーツは比較的幅が広く作ってあります。

さすがにワイズが5Eとかの人はキツいかもしれませんが、幅広甲高でオフロードブーツに悩んでいる方にはガエルネはおすすめです。

ED-PRO(イーディープロ)はどんなオフロードブーツ?

自分が履いているED-PRO(イーディープロ)は林道でよく履いている人を見ます。

プロテクションになる物があまり取り付けられていないので、ほかのブーツよりは柔らかく操作性が良いのがこのブーツの特徴だと思います。

林道で使っている人が多いのも扱いやすさが理由でしょうか?

このように足首の部分にプロテクションがないので自由に動きます。

歩いたり、シフトチェンジ、ブレーキなどの操作性はとても良いです^^

その分足首の守るということに関してはブーツの革の部分のみということですね。

外側も必要最低限のプロテクション機能しかありません。

イーディープロはシフトチェンジをする側の左足にはゴムのパットが付いています。

ソールはエンデューロ系のブーツなので、ビフラムソールです。僕はビフラムソールが好きで普段履きのブーツにもビフラムソールを靴を愛用しています。

山の中でも食ってくれるので気に入っています♪

モトクロスのコースを走る時はこのブーツ以外をさらに買います(笑)レースに出ることがあってもED-PROだと怖いかな??

この金属のガードみたいなのは林道であった人がいうにはビフラムソールに砂詰まって押し出してします形で金属のガードがいつの間にか外れてしますそうです。

最初にガード部分のビフラムソールにコーキングなどを打っておくと砂が入らなくなって取れずそうです。

自分のブーツはやってないんですけど近々やって見ようと思います。実際に砂が詰まってきて少し浮いているんです・・・。

こちらのグラフがジャペックスのHPにて書かれているイーデイープロをグラフ化したものです。

まさにこのグラフ通りのブーツだと思います。

防水性はまったくないと言って良いほどないです。水たまりでもびしゃびしゃ。

他のブーツより水が入ってきますが、操作はしやすく歩きやすいのも事実。

まとめ

イーディープロとファストバックを履いてみましたが、ガエルネのブーツの木型が日本人専用木型使用と書かれているこの二種類のブーツは比較幅が広くて脹脛の部分が大きいブーツでした。

これは足が幅広の人にとってはとても助かることになります。

イーディープロの良いところで悪いとこは足首周りの動かしやすさではないでしょうか?

動かしやすいのでシフトチェンジもブレーキも操作しやすく、転倒時にバイクを起こしたりスタックしたバイクをする時も靴感覚で扱いやすいブーツだと思います。

足に馴染むオフロードブーツといった感じでしょうか?

その反面、動かしやすい=プロテクション性能がないと言うことにもなります。

この部分の考え方は人それぞれだと思います。がっちり固めて怪我を予防するか操作性は優先するのか?

もしかしたら操作性が良いおかげで怪我のしない走り方ができるかもしれません。分かってることはスニーカーで林道に行くより確実に怪我はしないということです^^

僕はこの次のブーツにもガエルネを選びたいと思います^^

最後になりますが、足の形は人それぞれ違うのでブーツは出来る限り実際に履いてみるのが一番です。

 

スポンサーリンク