ラーツーで亀さんらーめんの和節塩

スポンサーリンク

本日のインスタントラーメン

以前書いた初めての人へのラーツーの記事を書いた時から始めようと思っていたことを始めようと思います。

それは色々なインスタントラーメンの紹介!色々なところで色々なインスタントラーメンを食べているので、それならラーツーで食べたやつ全部紹介していけばいいんじゃんって思って始めました!!

今日は袋ラーメン「亀さんらーめん」

img_0713

灰ヶ峰の夜景の夜景を見に行った時に、途中にあったダイキで見つけたラーメンを今回は頂きました。「亀さんらーめん」と言う名前の可愛らしいラーメン。

塩味と醤油味があったので両方購入してみました。今回は塩味から。

img_0714

裏。

img_0715

ほう?これが生麺をじっくり「二日」乾燥製法で乾燥された麺か。たしかに普通の麺よりコシがありそうな感じです。

スープ以外に、ネギとワカメが入っているみたい。ワカメは大好きだし塩味には合うだろうから期待。

今回使うバーナーの紹介

img_0712

今回はいつものプリムスのではありません。ガスがなくなったので、ガス代節約になるかと思って譲ってもらったバーナーを使っていきます。

このバーナーあんまり使ってなかったんで、気づいてなかったんですけど簡易的な風防も一緒にくれたのでその風防を実際に使ってみます。これは本来別売りなのかもしれません。

img_0720

横から写しました。すごく中途半端な風防ですねw天文台のある山の中で少し風が強いのでどんなもんか楽しみです。

風の向きに風防を合わせれば多少は防いでくれます。でもやっぱりせの高い風防に比べると効果はいまいち。でも、風の余り吹かない場所ならこの風防だと荷物も少なくて済むので使い分ければいいかもしれない。

とりあえず麺をゆで始めました。

亀さんらーめんの作り方

img_0717

お湯は550ml。沸騰したところで「4分半ゆでてください」と書いてあります。3分半たったところで「麺をほぐして付属のかやくを入れる」とのこと。

途中でかやくを足すのは手間ですが初めて食べるラーメン、ちゃんと手順を守ります。

だがしかし、すでに水を500mlしか持ってきてないので説明の550mlを無視している。いつも袋ラーメンは500mlの水をコンビニで買うからしょうがない。

完成、食べてみる

img_0718

完成です。麺は普通の袋ラーメンより艶があると言うかコシがありそうです。さあ、食べてみよう初めての亀さんらーめん。

img_0719

うん。麺もコシがある方で、麺がち縮れているのでスープに良く絡みます。和節塩味。

鰹節の風味も多少感じる中にワカメに風味がドカンと来ている味です。チャーシューを入れるなら個人的には鳥チャーシューの塩味に高菜をのトッピングしたい。

画像でみて自分の靴がバイクのシフトアップで真っ黒になっているのが気になってしょうがない。何度も靴底が剥がれているんでそろそろ買い替え時期ですね。そんなこと考えながら食べました。

亀さんらーめんのまとめ

亀さんらーめんメンは「ダイキ」でしか買えない!?

亀さんらーめんは普通の塩ラーメンよりダシの味がスープと縮れたスープに絡みやすい麺が特徴でしょうか?生めんを乾燥させた製法のおかげでコシもあります。

ワカメが入っているのも塩ラーメンぽくに合っていていいのですが、ワカメが嫌いな人にとってはかやくを入れないという方法しかありません。

販売者が「ダイキ」というホームセンターで多分ですが「ダイキ」でしか買えないラーメンのようです。お近くにダイキがあるなら購入してみて見てはいかがでしょうか??

もしくはダイキがない地域の人はダイキに向けてツーリングも面白いかもしれませんね^^

ちなみに一袋198円。高級品だぜ。

ラーツーをしたことないけどしてみたい!!って人は

ラーツーを楽しそうだな、自分もやって見たい。何をそろえれば良いのか分からないって人は是非こちらを読んでみてください^^

初めてのラーツーこれだけ揃えておけば誰でも出来る!


スポンサーリンク