アストロプロダクツのスマートバッテリーチャージャーをバイクと車のバッテリーに使ってみた

スポンサーリンク

以前から車やバイクのバッテリーを充電する時はバッテリーの充電器(バッテリーチャージャー)を友達に借りていたんですが、今回自分で購入しました。

貸してもらっていたのが、ユアサのバッテリーチャージャーだったから同じのにしようと思ったけど、アストロに行った時にアストロにもバッテリーチャージャーが置いてあったのでこっちを購入。

アストロのバッテリーチャージャーの購入を考えている人もいるかと思い、ちょいとレビュー。

AP 2A スマートバッテリーチャージャー

バッテリーチャージャー

こちらがアストロのスマートバッテリーチャージャー。半年保証付き。

バッテリーチャージャー

最大出力電流2A。100Vで家庭のコンセントで使用できます。密閉、開放どちらのバッテリーで使用可。

バッテリーチャージャー

イエローとブラックのボディはアストロらしい色合い。比較的コンパクト。

バッテリーチャージャー

クランプコードは長さ約1.800mm。自分の使い方なら必要にして十分な長さかと思います。

バッテリーチャージャー

クランプ部分も大きく開くので車のバッテリーも問題なし。

バッテリーチャージャー

電源コード(コンセント側)も長さ約1.800mm。

バッテリーチャージャー

充電中・充電完了・接続不良の三つがランプにて教えてくれます。

バッテリーチャージャー

早速バッテリーが弱っている某カワサキのバイクのから充電してみます。少なからず水素ガスが発生するので換気の良い場所で充電。

バッテリーチャージャーとバッテリー

電源コードのコンセントにプラグは刺さずにバッテリーにクランプを挟みます。この時点でバッテリーの電気で充電完了のランプが付きますが、何か不具合があった訳ではないので気にせずもに。

バッテリーチャージャー

接続後、プラグをコンセントに入れれば充電中のランプに変わります。

バッテリーチャージャー

JA11(ジムニー)のバッテリーも充電します。

延長コードなどを使わずにコードを綺麗に伸ばした状態で、バイクのバッテリーの充電は約3時間ほどで完了しました。

車のバッテリーは40B19で約6時間で充電できました。普通車のバッテリーでも充電できますが、バッテリーの状態・大きさによって充電時間は変わってきます。

開放型のバッテリーは充電する前にバッテリー液の量もチェック。少なかったら補充してから充電。バッテリーキャップは取り外しておきます。

バッテリーチャージャー

充電が終われば充電完了のランプが点灯。充電完了後は速やかに電源プラグを抜くようにと書かれていたのでコンセントからプラグを抜きます。

バイク・車共に充電完了。どちらもとても元気なバッテリーになりました^^

アストロのバッテリーチャージャー。壊れずこれからも活躍してくれたらと思います。

スポンサーリンク